真言宗 智山派 崖観音 船形山 大福寺 お問い合わせ
HOME
ご挨拶 崖観音大福寺の縁起 磨崖仏十一面観音について 山内のご案内 お知らせ リンク集 アクセス
HOME > 崖観音(大福寺について)

崖観音で知られるこの寺は、普門院 船形山 大福寺と称し、真言宗智山派に属する寺院です。
境内の船形山の中腹に浮かぶ朱塗りの観音堂は「崖の観音」と呼ばれ、地元民や近隣の人たちから信心され参拝されています。

この観音堂の本尊は、十一観世音菩薩で船形山の崖の中腹にある祠に刻まれています。
この本尊は、養老元年(717年)に行基(668〜749年)が東国行脚の折に神人の霊を受け、地元漁民の海上安全と豊漁を祈願して、山の岩肌の自然石に十一観世音菩薩を彫刻したと言われています。
その後、慈党大師(794〜863年)が当地に来錫した折に堂字が建設されたと言われています。
江戸時代になり承応2年(1653年)2月に観音堂が火災にあい、朱印・什宝・伝記等すべて失いました。
正徳5年(1715年)には観音堂が再建され、朱印も復旧されましたが、明治43年の大豪雨により土砂崩れにあい本堂・庭園とも倒壊してしまいました。

さらに大正12年の大震災で観音堂・本堂が倒壊し、現存の御堂は大正14年に、本堂は昭和元年に建てられ現在に至っています。

 
*本WEBサイトの全ページの画像・文章・映像等の著作権は大福寺にあります。
  無断で複写・複製・転載することを禁じます。
Copyright (c) 2008 DAIHUKUJI Temple. All Rights Reserved.
Get ADOBE FLASH PLAYER 当サイトはFLASHコンテンツを含みます
最新のプラグインはAdobeサイトにて
無料でダウンロードできます。